病気に合った病院へ

乳がんの検査

どんな病気の治療でも早期治療が一番の効果があるのは経験則からも明らかな通り、完治を目指すのであれば初期状態での治療が一番コンディションがいい事になります。がんでも同様のことが言え、さらに早期発見の重要性が増します。乳がんは女性がなるがんと言われていますが、実は男性でも発症する可能性はあります。乳房が無い男性であっても乳管は存在し、この乳管で悪性腫瘍が見つかれば乳がんになります。ただし乳がん全体で見ると症例数は1パーセントにも満たないため、やはり女性がなる可能性が高いことには間違いなく、女性特有のがんともいえるでしょう。乳がんは早期発見であれば治療することでほぼ完治が期待できるとも言われています。そのため検査が重要になり、検査が発見の全てと行っても過言ではありません。セルフチェック術がありますが、全ての乳がんでしこりが発症するとは限らず、しこりが一切ないという場合もあります。

下肢静脈瘤はふとももの静脈の弁が塞がることで静脈に流れる血液が逆流する現象です。逆流した血液は静脈内に溜まり、むくみや血管が皮膚から見えるようになります。長時間の立ち仕事をしている方がなる可能性が高いと言われており、なるべく長時間同じ体制で立たないということが重要になってきます。また症状が進行すると傷みが伴うこともあり、むくみと傷みと足の重みで悩まされることになります。治療はレーザーを用いることで可能で、比較的簡単に行われます。

 

検査設備の格差

乳がんの検査は1年に一回が最適と言われています。検査には微量ながらも放射線を受けることになります。短期間で検査を受けるということはそれだけ被曝量が多くなるということでもあり、発症率を高めてしまいます。

 

下肢静脈瘤のお治療

下肢静脈瘤とはふくらはぎのむくみなどが発症する病気の一種で、静脈の弁が塞がり逆流することで発症します。レーザー治療によって改善することができ、切開する必要が無い治療を行ないます。

 

セルフチェックをする

年々患者が増加傾向にある乳がんですが、がんの中でも唯一セルフチェックで検診できるがんになります。セルフチェックをすることによって早期発見し早期治療が可能になります。セルフチェックの方法をいくつか紹介します。

 

コンテンツ

日々の生活で予防

下肢静脈瘤は、普段の生活の中で予防することも可能にになります。適度に身体を動かしてあげる他、食事のバランスに気をつけ、締め付けの少ない衣類を着用することによって予防することができます。

詳細を読む

原因を知って治療

乳がんの患者が増加は女性の社会進出が原因の1つとして挙げられます。加えて、食生活の欧米化や飲酒も乳がんの原因として分かっています。予防する為にも適度な運動や食生活の改善は大切です。

詳細を読む

Copyright(c) 2015 初期発見で完治可能性を高める|乳がんを見つめる. All Rights Reserved. Design by Cloud template