原因を知って治療

女性の社会変化が影響

女性が発症する乳がんの原因は、他のがんと同様に遺伝子異常によって発症するといわれています。しかしながらその他にも原因となる理由は多く発見されています。乳がん患者が昔に比べて増加した要因といわれているのが、女性の未婚者の増加が挙げられます。未婚者は既婚女性に比べてもかなり乳がんリスクが高いということが分かっており、長期間エストロゲンの影響を受けることでがんが発症すると言われています。女性の社会進出は日本でも年々進んできており、初婚年齢も毎年上昇し続けています。年々変わる生活習慣の変化に伴って、初経年齢が早まっていることや、閉経年齢が遅いことも原因として挙げられます。このように、女性の社会変化は乳がんに大きく影響しているといえます。

食事や飲酒も原因

乳がん患者が増加し続ける原因に、食生活の変化も挙げられます。特に食の欧米化によってファストフードを食べる機会がかなり増えてきています。欧米化によって肥満になる女性も増え、脂肪に蓄えられるホルモンが過剰になる人が増えてきています。若い頃から栄養の偏った食生活をすることによって、そのリスクも高まっていくといえます。食事に加えて乳がんの原因となるのがアルコールの過剰摂取です。飲酒が習慣化されている人は乳がんのリスクが高まることが発見されているので、毎日のようにお酒を飲む人は少しずつ減酒していくことが大切です。乳がんを予防する効果を持つ食材も現在研究が進んでいるので、食生活改善に加えて適度な運動を行うことが最も予防に繋がるといえます。

Copyright(c) 2015 初期発見で完治可能性を高める|乳がんを見つめる. All Rights Reserved. Design by Cloud template