下肢静脈瘤のお治療

下肢静脈瘤はさまざまな治療法があります

下肢静脈瘤は、足の血管が浮き出てしまうので、女性は気にする人が多くいます。また、下肢静脈瘤の症状として足のだるさや、むくみ、疲れやすいことや、皮膚の色が変わってしまったり、かゆみがある場合あるのです。だから、見た目だけでなく違和感をしょうじると、手術が必要の場合もあります。ほかに、保存治療として医療用の弾性ストッキングをはく治療もあります。 医療用ストッキングは、数千円で買えるので、治療費はや安く済むのも特徴です。 手術も主に3種類あります。硬化療法は、保険が適用され、約1万円から約2万円になります。ストリッピング療法は、保険が利いて約7万円から約8万円のところが多く、そのほかに入院費用がかかります。 また、下肢静脈瘤の手術で最近多いのはレーザー治療です。これは約8万円から約20万円と、病院によっても違うのが特徴です。

簡単に治療できるようになりました

下肢静脈瘤は、むかしからありました。歴史をたどると紀元前200年にさかのぼることもできます。 近代に入り、1800年代には足を切開して治す方法がとられていました。レーザー治療が確率されるまでは、足を切開して治す方法も、下肢静脈瘤の種類によっては必要でした。 たとえば、ストリッピング手術は、古くから行われています。不具合をしょうじている静脈を引き抜く手法です。入院も必要で1週間程必要です。この手法は、静脈をぬくことで、まわりの神経を傷つける可能性もあるので、最近では、硬化療法と併用することもあります。 最新の治療は、静脈内レーザー治療というものです。静脈内をレーザーでやいてしまうのです。最近になり保険適用も可能になり、また日帰りでできる場合もあるのです。痛みも少ないのがメリットです。

Copyright(c) 2015 初期発見で完治可能性を高める|乳がんを見つめる. All Rights Reserved. Design by Cloud template