検査設備の格差

14人に1人が発症する可能性があると言われているのが乳がんです。乳房内に出来るがんになり、発見が難しいという特徴があります。発見が遅れ、進行が進んでしまうと摘出しなければ別の臓器にまで転移することになり、女性としては苦しい決断になってしまいます。早期発見であれば高い確率で治療ができる事でも知られています。そのためにも検査は大切で、25歳を過ぎると定期的に治療することが推奨されています。乳がんの検査は医療機関で行なうことが出来ますが、その検査には病院ごとに差があることはあまり知られていません。この差は乳がんに対する意識の高い低いが大きく関係しています。低い病院であれば乳がん検査が可能な設備も充実しているとはいえず、また診察できる医師も限られてきます。しかしながら乳がん検査に特化した病院であれば最新の検査設備が備えられており、適切で精密な検査を行なうことが出来ます。

乳がんの検査は定期的に行なうことが推奨されていますが、この期間は約1年と言われています。この理由には検査で使用する放射線の量が関係してきます。何回も検査を行なうということは短期間に多くの被曝をすることになり、かえって乳がんの発生確率を上げてしまうことになります。被曝とがんは密接な関係が有ることが既に判明しています。また短期間で検査を行なったとしても乳がんの成長率は遅いため分かりにくいという特徴があります。検査は1年に一回が最適で、逆に言うと一回受ければ1年先まで検査が出来ないことを表します。もしも受けた検査が十分でなかったらと考えると恐ろしいことがわかります。なるべく専門の病院で十分な検査を受けることが大切になります。

Copyright(c) 2015 初期発見で完治可能性を高める|乳がんを見つめる. All Rights Reserved. Design by Cloud template