日々の生活で予防

適度に身体を動かす

普段の生活の中で気が付きにくいと言われる病気の一つに下肢静脈瘤があります。この病気は知らないうちに進行していくので、病気を予防する為にも日常生活を健康に保つ必要があります。下肢静脈瘤は、日頃同じ体勢が長時間続く人や、家でじっとしている人に発生しやすいといわれています。その為、病気を予防する為にも適度な運動を日常生活の中に取り入れる必要があります。もしデスクワークで長時間同じ体勢が続く人であれば、適度に足を伸ばしたり、休み時間に軽い体操をしたりするのが良いでしょう。下肢静脈瘤は、足に血液がたまることによって発症してしまう病気なので、できるだけ足を動かしてあげることが大切といえます。

食事や衣類に気をつける

下肢静脈瘤を予防するのは適度に身体を動かす以外にも、食事や衣服に気をつけることで予防する事も可能です。普段の食生活が偏っている人は、下肢静脈瘤を予防する為にも塩分や脂分の多い食事は控え、バランスの取れた食事をするように心がけることが大切です。肉が多い人は魚に変える、外食が多い人は少しずつ家で作って食べるようにするなどして、改善していくと良いでしょう。その他着用する衣類ですが、下半身を締め付ける衣類は避けるようにすることが大切です。下半身の血行を良くする為にも、締め付ける力の強いガードルや下着は避け、ふくらはぎの筋肉を上手く利用する為にもハイヒールは控えるのがポイントです。日々ストッキングを履く必要がある人であれば、弾性ストッキングを利用すると、下肢静脈瘤の予防や悪化を防ぐことができます。

Copyright(c) 2015 初期発見で完治可能性を高める|乳がんを見つめる. All Rights Reserved. Design by Cloud template